› 釣野最中のつりツーリ日記 › フライフィッシング › 王滝川釣行の話し

2010年09月27日

王滝川釣行の話し

今回は王滝川釣行の話しだけど、魚釣り?の話しだけど、魚は出てきません。出て来るのはグチばかりです。号泣

せっかく岩魚を求めて奥地まで行ったのに。(地元に人にはごめんなさい表現)

こんな所だよ。
空気も美味いし、水は綺麗だし、のんびりしてて良い所だよ



今日はのんびり1匹でも釣れれば良いと思いながら大切なバンブーロッドまで持ち出したのに、岩魚は会いに出て来てくれません。

大切な思い出のバンブーロッド、二度と手に入る事はないので、年に数回釣りを楽しむ時に使います。


気持ち良くバンブーロッドを曲げて欲しかったのに、小さい岩魚ばかりでバンブーロッドを曲げる様な魚はいませんでした。

でも、それは岩魚が悪いのではなく、私が未熟だからなんですけど。

こんな綺麗な川を釣り上がって行ったのに、出るのは岩魚ではなくて、グチばかりでした。

初めての川でしたが、良い川でした。
水が綺麗すぎて、魚を見付けるより、魚に見付かる方が先なのかなぁ。



いつもの水中撮影です。
この落ち込みを潜ります。



水中です。
まるで水が無い様に見えますが、水の中です。


仕方がないので15時半頃には切り上げて(あまり遅くまで頑張ると森の住民に出合うかも)、小さいダムまで戻ってきました。

ダムの流れ込みです。
それよりも、青い空とそこに浮かぶ白い雲の方に目が行きました。
空気が澄んでいるのか、青い空が本当に綺麗です。


ダムではルアーを使って魚を探したら、早速ライントラブルです。

後ろにあった草にルアーが引っ掛かってバックラッシュ、終了。


予備のリールに取り換えて釣りを続けても、魚はアタックしてくるのに、ハリに乗りません。

まあまあのサイズの魚が来るのに、ハリにかかりませんでした。

今年の渓流釣りをボーズで終わるのはイヤだなぁ。


  • LINEで送る

同じカテゴリー(フライフィッシング)の記事画像
久しぶりのイワナ釣り
春告げの魚
悩む釣り
赤ちゃんほどのブラウントラウト
朝活でフライフィッシング
新しいフライシステム
同じカテゴリー(フライフィッシング)の記事
 久しぶりのイワナ釣り (2018-05-04 08:02)
 春告げの魚 (2018-03-21 13:26)
 新しいシステム (2018-01-04 23:56)
 悩む釣り (2017-12-27 17:56)
 赤ちゃんほどのブラウントラウト (2017-07-15 09:24)
 朝活でフライフィッシング (2017-05-11 06:49)

この記事へのコメント
王滝川は一度行って見たいと思っていました。
魚が多いかは別として、奇麗なところですね!

当方も今シーズンが終了しました。
南佐久漁協管内は放流量が多く、ボウズはあり得ないと思いますよ!
佐久漁協では多いにあり得ますが・・・ 特に湯川
来シーズンは是非佐久方面へいらしてください。
Posted by risk at 2010年09月27日 22:41
riskさん、コメントありがとうございます。

王滝川は綺麗な流れですよ、支流も釣り上がってみたいと思います。
でも、意外と釣り人が多いみたいで、残念な事にゴミも残されています。

木曾方面も今月末で禁漁に入ります。最後の釣りに今日行って来たところですよ。

来シーズン時間を作って南佐久漁協管内へ遠征してみたいですね。
Posted by 釣野最中釣野最中 at 2010年09月27日 23:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。