› 釣野最中のつりツーリ日記 › 韓国旅行

2011年01月20日

韓国旅行へ行って来ました。  第10話

デジカルビを食べに行った所は、地下鉄5号線「麻浦(マポ)」駅(528)を出て直ぐの所、凄く美味しいデジカルビが食べられるお店があると言う事だったので行って来ました。

今回は男4人のグループ、麻浦駅で待ち合わせ(1時間半も遅くなりごめんなさい)してお店に向かいました。

お店の名前は?????、読めません。




取り敢えず写真の画像を頼りにお店を探しました。

いい加減な計画でしたが、なんとかお店を見付かられて良かった。

日本語しか話せない仲間で入ったお店、ハングル語の本を頼りに注文します。

「デジカルビ」と言いながら指で4人分と注文すると色々と出て来ました。

テーブルから落ちそうです。

注文したのは、デジカルビと御飯、そして飲み物



お店の方は怖かったけど、凄く優しくて、面倒見が良くて、焼き肉の網を直ぐに変えてくれて(5分に1枚ぐらいのペースで変えてくれた)本当に良かったです。

焼き肉も凄く美味しくて、次回も此処は外す事が出来なくなりました。

焼き肉の後は夜の明洞へ移動しました。

デジカルビを焼くのは炭火でした。
部屋の中で炭火焼き、美味しさの理由の1つかなぁ



焼き肉に付き物のハサミとトングです。
お店の方がハサミで切って料理してくれました。




野菜に巻いて食べたり


スープに入れた食べたり色々


お店の中はこんな感じ
床に座布団をひいて座って食べたよ。
此処の良い所は服に焼き肉の付かない様に、荷物入れ様に大きなビニール袋が用意されていました。


私はビールを飲んだのですが、アルコールがダメな仲間はこれ、コーラを飲んでいました。


  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 03:46Comments(4)韓国旅行

2011年01月13日

韓国旅行へ行って来ました。  第9話

三角地で「チャジャンミャン」を食べた後は、地下鉄2号線「三成(サムソン)」駅(219)を出て直ぐのコエックスモールへ移動してきました。



2~3時間でまわれるかな?、何て思っていたら大間違いでした。

広い広い広すぎる。もうダメ

東洋最大級の広いショッピングモールに水族館、とてもそんな時間では見て回れません。号泣

お店も沢山あって何を見て良いのやらわからない。がーん

こんな事なら朝から来てまわれば良かったと後悔してしまいました。

事前のチェックは絶対に必要です。がーん

取り敢えず子供に頼まれていた時計を見て回りますが、なかなか韓国ブランドの時計が見付からない。

結局、明洞にもある「O.S.T」で子供のお土産を購入。此処のお店の時計は安いですよ。子供のお土産には最高です。でも、説明書がなかったので時刻以外が合わせられない。



これをお土産に買ってきた。


その後はCDショップを見付けて、一緒に行った仲間がCDを買って来ました。

結局此処で遊び過ぎて待ち合わせ時間に1時間半も遅刻、メールで連絡出来てなんとか待たせずには済みましたが、無計画な行動はダメですね。

この後は「デジカルビ」を食べに行きました。


水族館の入口にある水中花?。

ソウルの夕焼けです

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 04:55Comments(2)韓国旅行

2011年01月05日

韓国旅行へ行って来ました。 第8話

今回は韓国の明洞で買って来た腕時計の事なんですが、これも無駄遣いと言われているのですが、凄く素敵な時計なんですが、やはり無駄遣いなのでしょうか?。

格好いい時計だと思うのですが如何ですか。

これが腕時計です。
格好いいですよね。


時間を見る時はこうなります
何時か分かりますか?。
11時46分です
  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 23:54Comments(0)韓国旅行

2010年12月31日

韓国旅行へ行ってきました。  第7話

光化門(クァンファムン)を見た後は、昼飯を求めて地下鉄で移動です。

今回昼飯に食べるのは、チャジャン麺です。
三角地に行列が出来るチャジャン麺のお店があると聞いたので、食べに行きました。
行列と聞くと食べてみたくなりますよね。
きっと、行列が出来るほど美味しいと言う事ですよね。
それでは三角地に向かって地下鉄で移動です。

「光化門(クァンファムン)」(533)駅で地下鉄に乗り「孔徳(コンドク)」(529)で地下鉄6号線へ乗り換え、目的の「三角地(サムガクチ)」(628)へ向かいました。

目的のお店は駅の直ぐ近くです。
地下鉄の11番出口を出て、そのまま真っ直ぐ歩いて行くと直ぐに見付かります。
お店の名前は「明華苑」、こんなお店ですよ(名前の読み方は不明)。






確かメニューはハングルのみ、日本語は通じなかった。
でも、大丈夫「チャジャンミョン」と言って数は指で大丈夫でした。
でも、それ以外にも美味しそうな物が沢山あったから、ハングルが話せればもっと色々なものを食べられたかな?。
隣のお姉さんが食べていた鶏の唐揚げみたいな物が美味しそうだったんだけど、ハングルが分からず注文できず。まぁ、その前に相棒が2日酔いだったから、食欲がなかったと言う事が一番の理由なんだけどね。
料理の名前ぐらいはハングルを覚えておいた方が良さそうです。
それに韓国の人って親切だから「あれあれ」って指でさしながら言っても理解してくれると思います。

これが今回食べた「チャジャンミャン」です。
美味しかった。
以前食べた「チャジャンミャン」は水ぽい感じで不味かったけど、此処は美味しかったよ。




チャジャンミャンを食べた後は本日の目的地、コエックスモールへ移動です。
その話しは次回に。

今回は韓国で見付けた物です。
コーヒーの自販機、地下鉄の駅にありました。



コーヒーの味は以前に比べると格段に美味しくなりました。
でも甘~いよ。



地下鉄の駅のホームで見付けた標識です。
自転車だと思うけど、何の意味があるの?。
  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 07:11Comments(2)韓国旅行

2010年12月30日

韓国旅行へ行って来ました。  第6話

疲れているはずなのになぁ、全然眠れないよ。なんでかなぁがーん。眠れないのに布団に入って目を閉じていても寂しい思いをするだけなので、ブログを書く事にしました。眠れないで悩むより、ブログを書いて楽しい思い出を思い出す事にします。しっしっし
と言う事で、今回は韓国旅行の続きです。

以前から韓国旅行に行っているのにどうしても見えない所がありまして、今回はそれを見に行く事にしました。逃げろー

場所は教保文庫から表に出て、世宗大路(セジョンデロ)を真っ直ぐ歩いて行くと見えます。

此処を見たくなった理由は、
「イ・ジョンヒョン」と一緒に買って来た「イ・スヨン」のCD、全アルバムを持っている訳ではないのですが、これだけ持っています。
「イ・スヨン」の歌も良いのですが、ミュージックビデオも良いですよ。
思わずウルッと来る事も。
ミュージックビデオに出てくる女優さんで「チョ・ユニ」可愛いですよ。
映画「ブラザーフッド」で孫役かなんかで出ていたはずです。





そして、イ・スヨン(LeeSooYoung)5.5集に入っている曲で、「 光化門(クァンファムン)恋歌」と言うのがあるのです。



その歌が気に入って(歌の内容は分からんけど)光化門を見てみたかったのですが、ズーと復元中で、今年ようやく復元作業が終了したので、見に行ってました。

これです。

正面から


下から


後ろから


光化門の前では時間になるとかなぁ?、門番?達の行進がありますよ。




これはアメリカ大使館の横に止まっていた装甲車です。
格好いいからカメラに収めたけど、近くにいたポリスマンに撮影の許可を頂きました。
ハングルは全く話せないから、身振り手振りで会話しました。


この画像に写っている巻き貝が、第4話の問題の答えです。


この後は昼飯を食いに移動しました。
その話は次回です。

眠れない夜は寂しいなぁ、こんな事の繰り返しで寝不足の日々が続きます。  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 03:17Comments(0)韓国旅行

2010年12月24日

韓国旅行に行って来ました。 第5話

翌朝のソウルは吹雪でした。(ビックリ)カーテンを開けると銀色の世界が広がってた。寒い事は予想してたんだけど、まさか雪が積もるなんて思っていなかった。
取り敢えず雪が止むまでベットにいて、雪が止んでから行動開始、本当は8時にでも行動を開始しようと思っていたんだけど、相棒が飲み過ぎてダウンしてたから動けなかったと言った方が正解かも、だからサラリーマンが通勤途中に食べる朝食を今回は食べる事が出来なかった。残念。


まさか雪が降るなんて・・・・・。びっくり


これがこの日の朝食です。




10時頃から動き出してCDショップへ、今回買い物に行ったのは教保文庫光化門店です。お店の大きさを見て本当にビックリしました。

何てでかいんだぁ。びっくり

此処では本以外にCDも売っているので、今回はこちらが目的でした。
買って来たCDは「カラ Kara 4th Mini Album - Jumping 」「アン・ジンギョン/An Jin Kyoung 1st Mini Album」「(イ・ジョンヒョン/LeeJungHyun)Wanted 7集 」だよ。



イ・ジョンヒョンに関しては全部のアルバムを持ってます。何故かと言えば、イジョンヒョンのCDに出会って韓国が好きになったから?、かな。はじめて聞いた「アリアリ」という曲が印象的でした。それ以来韓国大好きです。

私が持っているイ・ジョンヒョンのアルバムだよ
これ以外にもミニアルバムも持ってるけど。
実はイ・ジョンヒョン日本の紅白歌合戦に出場しています。
知ってますか。もしかしたら見ているかも。
大きな扇子を振り振り、小指マイクで、小指を立てながら歌ってましたよ。
覚えてないかなぁ、「冬のソナタ」が流行った年の紅白です。


私が韓国を好きになったきっかけを作ったイ・ジョンヒョンのアルバムです。
このアルバムに収録されている「アリアリ」って曲が大好きです。
はじめて聞いたK-POP、衝撃を受けました。
こんな詩を歌うイ・ジョンヒョンが育った国ってどんな所?、て感じです。


それ以外にもこんな物も買ってしまった。
なんでしょうか?。
可愛いでしょ。



買い物も済んだので遅いコーヒータイムで休憩です。
本屋さんの隣にあった珈琲屋さんです。
こんな所です。

お店の中だよ

コーヒーとグリンティーです。


  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 23:29Comments(2)韓国旅行

2010年12月24日

韓国両行へ行って来ました。 第4話

3次会のあと添乗員とも別れて、男4人青渓川(チョンゲチョン)を歩いて帰ってきました。

実はこの川、以前は死んだ川、それを復元したんだよ。復元前はこの川に蓋をして高速道路が走ってたんだって、はじめて韓国を訪れた時に丁度その工事をしていたところ、その時の添乗員から説明を受けました。

そして現在は凄く綺麗な流れ(人工な流れなんだけど)が戻って来て昼間は市民の憩いの場になってるんだって、でも僕らが歩いたのは夜、人の数も少なくて、カップルが肩を寄せ合って歩いていました。ハート

俺もこんな所を2人で歩いてみたいよ。どきどきハート


青渓川(チョンゲチョン)に浮いていた道路標識何故?。


青渓川(チョンゲチョン)を上から見るとこんな感じ

青渓川(チョンゲチョン)を川から見上げるとこんな感じ

寒い夜だったけどカップルには良い寒さ?。


橋の下の美術館?それとも展示会場?。

何て書いてあるのかなぁ
それ以上にカップルが気になって
良い感じでしょ。ハート
こんな感じで青渓川(チョンゲチョン)を歩いてみたい。やったー


人工の川青渓川(チョンゲチョン)の流れ出しはこの滝から
色々の物が浮いています。



青渓川(チョンゲチョン)の流れは青い流れ?。


傘に楽譜が闇に浮いていました。


青渓川(チョンゲチョン)の流れだしを付近です。


これはなんでしょう?。
答えは次回ブログで

夜が遅すぎたのか、地下道の入口が・・・・閉鎖


  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 20:56Comments(2)韓国旅行

2010年12月22日

韓国旅行へ行って来ました。 第3話

3次会は広蔵市場(クァンジャンシジャン)へ移動してキンパッを食べて締めにする予定でしたが・・・・・・。

「弘大(ホンデ)」(239)で地下鉄2号線に乗り、「市庁(シチョン)」(201)で地下鉄1号線に乗り換え「市庁(シチョン)」(132)から「鍾路5路(チョンノオガ)」(129)まで行き、広蔵市場(クァンジャンシジャン)を目指したけど、時間が遅かったのかなぁ?、それとも場所が違ったのかなぁ?、目的のキンパッを売っている屋台は見付からない。それどころか広蔵市場(クァンジャンシジャン)は閉まっている?、人通りもなくなった所を歩く事になりました。

此処が広蔵市場(クァンジャンシジャン)なの?。
店は閉まっていて人通りもないよ?。


取り敢えず灯りに誘われて飛ぶ夏の虫の如く、灯りを目指しました。


いったい昼間はどんな事になっているのでしょう?、来年来る機会があれば遊びに来てみたいけど、時間が無いからなぁ。

取り敢えず電気の点いている屋台を見付けてキンパッとソウルマッコリを飲む事にしました。

こんな感じの屋台で食べました。
添乗員が言うには、屋台での食事は、割高ですよだって、それはお見せにない雰囲気を楽しむ為の金額だと思って下さいと言っていました。


これがキンパッなの?。
巻きずしみたい。


やはり飲むならソウルマッコリです。
現地の添乗員もNo1だって言ってたよ。
コンビニで買っても、滅茶苦茶安いからお勧めです。
でも、日本に持ち帰ろう何て思わない事、必ず飛行機に預けた荷物の中で噴きますから。

これがお勧めのソウルマッコリです。
添乗員のお墨付き。
美味しいよ


広蔵市場(クァンジャンシジャン)で見付けた消防車、なぜだか1台ビニールを被って止まっていました。
  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 00:42Comments(2)韓国旅行

2010年12月19日

韓国旅行へ行って来ました。 第2話

「ソソモンヌンカルビチッ」の後は2次会、「トゥッタッ弘大店」へ移動してフルーツマッコリを飲みました。

「ソソモンヌンカルビチッ」を出て新村の地下鉄駅(240)から一駅の「弘大(ホンデ)」(239)へ移動。駅の4番出口を出た近くに有るファミリーマートの2階がお店でです。

お店はファミリーマートの2階でした。


これがメニューです。
日本語でも書いてありました。
日本人のお客さんも多いのかぁ。



これがフルーツマッコリです。
一気に飲みます。



何てウソ、死んでしまいます。
グラスに分けて3人で飲みました。





何故か残りの2人は飲まなかった。
アルコールが苦手なのか?。
それとも別の目的があるのか?。
それは不明でしたが。

2杯目をお代わりしました。
さて、何のフルーツマッコリを飲んだのでしょうか?。




実はこの時だいぶ酔ってまして、何を頼んだか覚えていません。
美味しくて飲みやすかったのは確かです。
1人はつぶれましたから。

韓国の女性はアルコールに強いとは聞いていたけど、恐るべし、私はグロッキー気味です。



フルーツマッコリを飲んだ後は3次会に移動しました。


  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 23:55Comments(3)韓国旅行

2010年12月19日

韓国旅行へ行って来ました。 第1話

ブログを休んでいる木曜日から土曜日の二泊三日で韓国旅行へ行って来ました。会社の研修旅行って建前ですけど。

セントレアです。
朝が早いので人も少なめです。



これが機内食、ビールのおつまみです。


初日の木曜日は、朝4時起きで豊田を5時10分の名鉄バスにゆられながらセントレアへ、6時30分にはセントレアに到着していて、集合時間の7時30分まで一人待ちます。
9時30分の大韓航空の飛行機に乗って仁川空港へ。
会社の社員旅行とは言っても男4人の団体さんですよ、だからやりたい放題です。

無事に仁川国際空港に到着しました。
寒い


予定では民芸品店と免税店による予定でしたが、民芸品店はキャンセル、免税店も予定の場所から別の免税店に変更、我が儘を聞いて頂いてホテルにチェックイン、荷物を置いたら、Tマネーをチャージして新村にある「ソソモンヌンカルビチッ」移動です。

「ソソモンヌンカルビチッ」の牛カルビが滅茶苦茶美味い。
韓国旅行の目的がこの牛カルビと言っても良いほどです。
「ソソモンヌンカルビチッ」を日本語に変えると「立って食べるカルビの店」と言う事のようで、ドラム缶のテーブルでカルビを焼きながら立って食べます。
練炭で焼いて食べる牛カルビは最高!。
でも、入るのは勇気のいる店ですよ、こんな所で大丈夫?。
はじめて食べに行った時は、本当に入るか迷いましたよ。

ドラム缶のテーブルで牛カルビを焼いて食べます。
これが美味い。



始め肉の固まりで出て来るのでお店のお母さんがハサミで食べやすいサイズに切ってくれます。
でも、慌てて食べ様とすると、「まだ早い」とトングで箸を叩かれます。
お母さんの合図が出たら始めて食べられます。
たぶんこれは日本人だけのサービスですよ。



「ソソモンヌンカルビチッ」は牛カルビ専門店なので注文は簡単、指で注文の数を示すだけ。
でも今回は、現地の添乗員も無理矢理巻き込んだから会話も簡単、通訳して頂きました。
それ以外に注文したのはビールと焼酎、添乗員の華麗な焼酎まわしで、アルコールも良くまわりました。
と言う事で1次会は終了です。

添乗員が焼酎を華麗に回すと、瓶の中になるとの渦潮が出来ました。
真似してみましたが上手く渦潮は出来ませんでした。
でも、韓国の人は皆さん焼酎を回してのむのかなぁ
  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 23:27Comments(4)韓国旅行

2010年07月02日

韓国旅行 第14話 月光レインボー噴水

タイムズスクエアーで買い物を済ませた後は本日のメインイベント、『月光レインボー噴水』を見に行きました。この後起きる事件も知らずに。

以前からこの『月光レインボー噴水』は見たかったので今回無理矢理に観光計画に入れたのです。

場所は漢江に架かる橋、盤浦大橋、潜水橋とも言われるこの橋全体から噴水が上がるのです。それも夜には綺麗にライトアップまでされるので、私は『月光レインボー噴水』をどうしても生で見たかった。

タイムズスクエアーの有る『永登浦(ヨンドンポ)』地下鉄1号線139番駅から『龍山(ヨンサン)』、地下鉄1号線135番駅に戻り、ここで中央線に乗り換えます。

中央線はここ『龍山(ヨンサン)』が始発の駅で『K』の頭文字で始まる路線です。

目的の盤浦大橋はここから二つ目の駅、『西氷庫(SEOBINGGO)』中央線K112号駅から歩いて20分ほど、でもこの選択は大きな間違いでした。

『西氷庫(SEOBINGGO)』駅は滅茶苦茶寂しい駅で人の乗り降りも少なかった。その上、今までの駅とは全く違い、駅前に繁華街がない寂しいと言うより怖い駅でした。おっとー
私達はこの駅の2番出口から降りたのですが、この出口、一方はアパート群に出てしまい、もう一方は駅の構内につながっているのです。それも外灯も無いような駅の構内に、流石にここでは凄く悩みましたが、橋につながるのは駅構内を抜ける道、暗闇の線路の脇を歩いて行くと、どうにか駅構内から出る事が出来ました。

でもそこはダウンタウンの様な所、メチャ怖かった。ここは無言の早足で抜け無事に目的の盤浦大橋に到着した。逃げろー

でもここで事件が発生したのです。

1時間近く待ったのですが噴水が上がりません。がーん

予定では20分も待てば噴水が上がるはずだったのですが、1時間経っても噴水が上がりません。ちかくに地元の人がいたのですが、ハングルが話せず、噴水の事は確認できませんでした。

仕方なく噴水は諦めて、今来た怖い道を無言の早足で戻る事になりました。逃げろー

結局のところ『月光レインボー噴水』は冬期休止中でした。よく考えればわかる事だったのにね、橋で噴水あげたら日本よりも寒い韓国の事、橋が一面に凍結してスリップ事故多発になるでしょ、なんでそんな事に気が付かなかったのだろう。
それから『月光レインボー噴水』を見るなら対岸の盤浦方面から見た方が良いようでした。

『月光レインボー噴水』が行われるはずの盤浦大橋、潜水橋です。
1時間経っても噴水は始まりませんでした。
事前のチェックミスです。

ライトアップされた観光遊覧船です。
この船が現れたので期待は一気にアップしたのですが、見事な空振りでした。


その後は『西氷庫(SEOBINGGO)』中央線K112号駅から一駅戻り、『二村(ICHON)』中央線K111号駅で地下鉄4号線に乗り換えます。後は乗り換えもなく地下鉄4号線明洞駅424号駅まで帰ってきました。

今回宿泊したホテルの有る明洞まで帰って来ても晩飯を食べてないからお腹はペコペコ、そこでホテル近くの屋台に入ったのですが、なんか割高でした。メニューも日本語の物とハングルの物があったので、もしかしたら値段が違っていたのかなぁ?などと想像してしまいました。
まあ、それでも無事にソウル2日目を終了してホテルで眠る事が出来ました。


屋台で晩ご飯を食べる事になりました。

中はこんな感じでした。
もっと写真を撮りたかったのですが、やめておきました。


こんな物を食べた。
予定ではもっと美味しい物を食べるつもりだったのに



翌朝の屋台のあった所、
これだけ見ると本当に屋台があったのかなと疑ってしまいます。
狐か狸に騙されたようでした。

ホテルに戻り、美味しいマッコリを飲んで眠る事が出来た。目がハート
  
タグ :韓国旅行
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 03:37Comments(0)韓国旅行

2010年07月01日

韓国旅行 第13話 タイムズスクエアー

今日は久しぶりに韓国旅行の話です。
ずいぶんと時間が開いてしまいました。

前回は秋葉系親父のリクエストで、『龍山(ヨンサン)』、地下鉄1号線135番駅に行ったのですが、次に向かった所は『永登浦(ヨンドンポ)』地下鉄1号線139番駅です。

駅から歩いてすぐの所に、韓国最大級のショッピングモール『タイムズスクエアー』が有ります。駅から数100メートルですが、歩道は屋台と人だかりで凄い熱気でした。歩くだけでも楽しい所です。しあわせ

タイムズスクエアーではお土産を買って、現地の人が食べている晩ご飯を食べようと思ったのですが、考えがあまかった。汗

漢江を越えると観光客も少ないから現地の人と同じ物が食べられると思った。それは確かに当たっていたが、日本語が全く通じません。がーん

ハングルは全くわかりません。おっとー

これではメニューに何が書いてあるのかも、食べ物を注文する事も出来ません。がーん

その上時間帯が悪く、ほとんどのレストランは満席状態、結局晩ご飯にはありつけませんでした。号泣

取り敢えずは買い物だけを済ませました。

以前の旅行で韓国の釣具屋さんへ遊びに行った。
そのお店は『鉢山(バルサン)』地下鉄515号駅付近に有った。
その時は釣具屋近くの『グランドマート』にあるマクドナルドでなんとか食べる事が出来ましたが、今回は厳しかった。

少しでもハングルが話せないと観光地以外では苦労します。もうダメ

ここでは嫁さんのお土産に腕時計と釣りの雑誌を購入しました。釣りの雑誌は何が書いてあるのかは読めませんが、写真を見ながらどんな釣りが盛んに行われているかを調べます。

こんな感じのお店でした。



ビリヤードの大会が行われていました。


タイムズスクエアーの外の風景です。
昨年12月始めの事なので、クリスマスツリーがあります。
ずいぶんと古い話です。
  
タグ :韓国旅行
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 05:23Comments(0)韓国旅行

2010年04月29日

韓国旅行 第12話 韓国の秋葉原ヨンサン

久しぶりに韓国旅行の話。

東大門で両替を済ませ、次に飛んで行った所は韓国の秋葉原『龍山(ヨンサン)』、地下鉄1号線135番駅です。


こんな所でした。


秋葉系親父のリクエストでした。

まあ、個人的にも韓国の家電にも興味があったので行って来ました。

秋葉系親父の話は置いておいて、

私は韓国の家電が好きになりそうです。

出来る事なら買って帰りたかった。

冷蔵庫にしてもパソコンにしても綺麗なんです。

部屋に飾っておけそうです。

でも一番気になっていたのはパソコンのキーボードなんですけど。

これがキーボードです。
記号が並んでいるだけ。
ハングルがわかれば、きっと簡単なのでしょう。




ちなみにこれが携帯電話のキーです。
これでハングルが打てます。


花柄お花のノートパソコンです。
これは欲しかった。


これは縦置きのパソコンのケースかなぁ。
これも欲しかった。


こちらは花柄お花のなんでしょう、温風でも吹き出すのでしょうか。


これは凄く興味があったのでお店の人に聞いてみたら、「キムチ専用の冷蔵庫です」と教えてくれました。
こちらも花柄で綺麗でした。
韓国の人は本当にキムチをたくさん食べるのですね。


これは一般家庭用の冷蔵庫です。
当然ですが一番取り出しやすい所はキムチ専用です。(扉が開いている所)
花柄お花は当然の事ですね。


私の好きな自転車が止めてありました。
気になったのはボトルホルダー、
デカイです。
1Lの水筒が取り付けられています。
これも欲しかったです。


龍山の待ちが暗くなり始めました。

でもまだまだ旅は続きがあります。
この続きはまたの機会に。
  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 23:33Comments(0)韓国旅行

2010年04月18日

韓国旅行 第11話 パンと靴と交渉

久しぶりの韓国旅行の話です。

北村サイクリングを終えてた後、昼ご飯を食べにパン屋さんに寄りました。

どこの地下鉄の駅だったか忘れましたが、お洒落なパン屋さんがあったので食べてみる事に、大好きなパン、韓国のパンは美味しいかなぁ。

パンとプリンは美味しかったですが、ケーキを食べた同僚は、「なんか変な味、美味しくない」と言っていました。
私はケーキを食べていないのでどんな味かわかりませんが、食べてみたいですね。

こんな綺麗なお店でした。


これが韓国で食べたパンです。
日本のパンとほとんど代わりありません。
プリンも美味しかったけど、ケーキは不味いと言っていました。



お店の中はこんな感じです。




食後の後は同僚の靴が壊れたので東大門市場へ行き、靴を買う事に。

同僚は53000ウォンで新しい靴を買いました。

私も気に入った靴があったので買う事に。

お店の人に「まけてください」と交渉すると、45000ウォンまで値が下がりました。

そこで「財布に32000ウォンしかないから、32000ウォンにまけて」と財布を広げて頼むと、それは無理、絶対に無理というような感じでした。

それでも「お金がない」からと頼むと、友達に10000ウォン借りろ、42000ウォンで売ってあげるからと言う事で決着して、42000ウォンで購入してしまいました。

まあ、お店の人も商売だし、赤字を出してまで売る事もないでしょ。

でも、本当にこの金額が限界なのかなぁ。気になります。

靴を買った後は「ハングル語ブック」を片手に銀行へ飛び込んで、両替しました。

でも私はハングルが全くわかりません、話せません。

ハングル語ブックの両替して下さいを指さししながら、なんとか両替してきましたが、なぜかお菓子も一緒に頂きました。

これはサービスなのでしょうか。「カムサハムニダ」とだけ言っておきました。

私が買った安全靴です。
こんな感じのが欲しかった。



ハングルの文字が書かれているのが欲しかった。
韓国製の靴が欲しかった。
  
タグ :韓国旅行
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 22:18Comments(2)韓国旅行

2010年04月06日

韓国旅行 第10話 北村後編

ホットックを食べた後は自転車を東に向けて走り出す。

自転車を借りた観光案内所を通りすぎ、再び登り坂を上がって行く。

広い道は通らず、狭い路地を見付けては入って行く。

すると何かで見た様な風景が、



校門から振り返ると、こんな風景が広がっています。



確かドラマに出て来た校門です。

知らずに入って行くと、

近くのおみやげ屋さんの店員に停められました。

「勝手に入ってはだめだよ」だって。

まあ、当然の事ですが。

教えていただいた上にお茶までご馳走していただきました。

韓国の人は優しいですね。

帰り際、古い町並みの見所を教えていただきました。



それはこんな所です。




北村は、狭い路地に古い町並みが良い所でした。

遠くにソウルタワーが見えます。


2時間ほどサイクリングを楽しんできました。
私的には物足りなかったですが、次に行く所もあるので仕方ないですね。
まだまだ走っていたかったのに。

観光案内所を目指した走っていたら見付けました変なベンチです。
それにしてもなんですかね、このベンチ、
座っても良いのでしょうか。
  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 20:46Comments(0)韓国旅行

2010年04月06日

韓国旅行 第9話 北村

昌徳宮(チャンドックン)の見学を済ませ、今度は私の行きたい所『北村』です。



韓国の古い町並みが残っている所なので、町歩き大好きな私は絶対に言って見たい所でした。

歩きの苦手なわがまま親父を引き連れて歩いていると、見付けました。

レンタルの自転車です。


自転車好きが見付けたら乗らない訳にはいきません。

早速観光案内所で交渉です。

このレンタル自転車、観光案内所が有料(料金は安いです)で貸し出ししている物。
観光案内所のお姉さんは日本語が上手なので、交渉も上手くいきます。
はじめは『寒いし、前日雨なので自転車濡れてますよ、それでも良いですか』と聞かれました。
これは問題なかったのですが、次の質問が最大の問題でした。
『身分証明書を貸してください』
さすがにパスポートなんて持ち歩いていないし、他に身分を証明できる物もない。
そこで、日本の運転免許書でも言いですかと訪ねたら、OKにしてくれました。
レンタル自転車を借りる時は事前に身分証明書を準備しておかないとダメですね。

数時間ですが私の愛車になってくれた自転車です。
リヤ6段の変速機付き
フロント、『ガチガチガチ』とやたらと変速するレバーの付いた3段変速機付きでした。




レンタル自転車を借りる時は、ヘルメット・肘あて・膝あての3セットが必ず付いてきます。
こんな感じです。



北村周辺は坂道だらけ、変速機が付いていないと辛いですね。
まあ、一度登れば後は下るだけですが。


北村をサイクリングしていたらこんな風景が出てきました。



現代の高層ビルと昔の高層建築、見た目だけなら昔の方が好きですね。


古い韓国の建物のようです。
中庭が有るみたいですね。
何と言う作りなのでしょうか。



観光案内所で頂いたパンフレットでは、この階段を下るのが観光コースになっていました。
流石に自転車では下れません。



北村は狭い路地が沢山ありました。
路地好きの私には最高のサイクリングコースです。



ここ北村では、今でも新しい家を建てる時は昔ながらの建て方をすみたいですね。



門の前に置いてありましたがなんでしょう?。



お腹がすいたので「ホットック」を食べてみました。
中から熱いあんこが出てきて、猫舌の私には辛かった。



お店のおばちゃんと会話を楽しんだけど、ハングルと日本語、本当にたのかなぁ?。  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 08:22Comments(0)韓国旅行

2010年03月18日

韓国旅行 第8話 昌徳宮

韓国旅行2日目は、わがままおやじさんの為に世界遺産を見に行く事に、汗

ここが本当に世界遺産か知らないけれど、取りあえず歴史的建造物を見てきました。



地下鉄328安国(アング)で降りてトコトコトコと歩いて昌徳宮(チャンドックン)へ向かう。逃げろー

ここはガイド付きでないと見学する事が出来ないので指定時間の9時半までにチケットを購入して敦化門(トンファムン)の前で待っていると、私達の時間が来ました。


正確に言えば日本人の見学時間が来ました。日本語ペラペラの綺麗な女性のガイドさんです。目がハートハート

用もないのに携帯電話の話を持ち出して、休憩時間に楽しい話しをしてました。
見学より私はこちらの方が良かったかな。
ガイドさんが持っていたのは、「チョコレートフォン」と言うお洒落な物、私のは機能優先の「サイバーショット」携帯、ガイドさんにはうけませんでした。




ガイドさんの説明を聞きながら歩く私達の団体です。私達は男3人のグループでしたが、日本からのツアー客が多いようで、この規模のグループが他に2グループ出来ました。びっくり


見学は自然と建物保存の為に、指定時間に案内ガイドによって行われます。
私達日本人以外にも、韓国語、英語、中国語の案内があったみたいです。



さてこれは誰でしょうか?。
答えは後ほど。
有名人です。


以後は、ガイドさんに夢中で説明を聞いていなかったから、説明を良く覚えていません。もうダメ
画像で楽しんで下さい。


ドラマで見たような。




韓国式床暖房のオンドルの焚き口です。


こちらが煙の出口煙突です。
お洒落ですね。




芙蓉池(プヨンチ)

芙蓉亭(プヨンジョン)

池だけどただの池ではありません。人気のドラマ「チャングムの誓い」でチャングムが散策したのもこの辺りだとが行っていました。



先ほどの答えはこれです。
正面から見るとわかりますよね。
西遊記に登場する三蔵法師、孫 悟空、その他仲間達だとガイドさんが言っていましたが。
どこが?。



高層ビルが建ち並ぶソウル市内、今のソウルを見て王様は何を思っているのでしょうか。
  
タグ :韓国旅行
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 07:18Comments(0)韓国旅行

2010年03月08日

韓国旅行 第7話 美味しいパンと涙が出るスープ

韓国旅行の2日目は時計朝8時頃より活動開始、

明洞より東大門方面へ歩き出す。逃げろー

取りあえずの目的は朝食のゲットです。

明洞の朝は意外にサラリーマンが多い、

そのサラリーマンが食べていたのがこのパンです。

名前は不明ですが、美味しいです。

こんな所で売っています。



指さし合図と「ジュセヨ」だけで朝食にありつきました。

でもこれが美味しい。「マチッソヨォ」を連発していたら、

お店のお母さんが、スープをくれた。

スープをくれたのは嬉しいけど、

音符「だけど涙が出ちゃう、不味いんだもん」号泣

実はこのスープ、やたらと生臭い。

何で出汁を取っているのかわからないけど、

私の大嫌いな味です。家でこれが出てきたら間違いなくキレます。ぷんぷん

でも、せっかくお店のお母さんが飲みなさいとサービスしてくれたスープ、

涙をこらえて、「マチッソヨォ」。

これが美味しいパンと涙が出るほど苦手な味のスープです。




その後地下鉄に移動して、328号駅「安国、アング」を目指しました。

ところでこの地下鉄、何処の駅かわかりませんか。

手掘り風の駅に感動したのですが、何処の駅か忘れてしまいました。

誰かわかったら教えてください。

問題の地下鉄の画像です。
ここは何処ですか。?



  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 02:46Comments(2)韓国旅行

2010年02月22日

韓国旅行 第5話 夜の南大門市場で交渉

ホテルに戻り酔っぱらいを連れて南大門市場へ、

南大門市場はクリスマスなのか新年なのか良く解らないですがイルミネーションが綺麗でした。






地下道の入口でも服を売っていました。



南大門市場を歩きながらお土産の蜂蜜柚子茶を探す。

蜂蜜柚子茶は見付けたけど思っていた以上に高い。

そこで交渉、1本1kgが10000ウォンだと言っていたけど、

3本まとめて買うから「7000ウォン」にしてと言うと、まけてくれましたよ。

でもこの値段はまだまだ高かった。号泣


更に安い所を後から行った後輩が見付けてきました。びっくり



蜂蜜柚子茶3本で3キロさすがに重たかった。もうダメ

3キロの重さに耐えながら南大門市場を歩く。

ショルダーバックだったので肩が辛い。

取り敢えず自分のお土産に韓国サッカーチームブルーウイングのユニフォームを購入。サッカー




ハングル読めません。
なんと名前が書いてあるのでしょうか


ここでも値段交渉、「まけてよ」って言ってみた。

始めは渋い金額で来たので、

他にもTシャツとか買うから「まけて」と更に突っ込み、




ハングルのTシャツです。
なかなか良いハングルのTシャツは見付かりませんでした。


子供の分も買うからと「まけて」と更につこんだ。

そうするとけっこうな金額をまけてくれました。

そこで気を良くして、ジャージもちょうだい、

すると「130000ウォン」と言っていてきたので、

「じゃあいらない」と言ったら、

「いくらなら買う」と答えが返って来た。(チャンスです)

そこで「50000」ウォンと言ったら、チョットだけ考えて「わかった」と売ってくれました。

いったいどこまで値段が下がるの

感じ的には、40000ウォンでもいけたかな。


  
タグ :韓国旅行
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 03:06Comments(2)韓国旅行

2010年02月12日

韓国旅行 第4話 あふれるエネルギー

立ち食いカルビの帰り道、霧雨の中を地下鉄に向かっていると、屋台で「鯛焼き」の様な物を見付けた。
こんな感じのお店です。
露天ですね。



取り敢えず食べてみたら

鯛焼きの様で鯛焼きにあらず、鯛焼きの皮は油で揚げてあり、中身は鯛焼きと同じようにアンコが入っていました。

温かい時は美味しかったけど、
翌朝食べたら…、まあ、それは鯛焼きも同じか。


食べた感じでは、これは鯛焼きではなく、鮒焼きぐらいかな、こんなニアンスで味を想像してみてください。しっしっし

明洞に戻って来て、メインストリートを歩いてホテルに向かう。

明洞は人と露天とエネルギーがあふれかえっていました。


これが凄いです。

メインストリートは露天・露天・露天、楽しい、見ているだけでも楽しい。溢れかえるエネルギーに社長も「来年も来るぞー」って。上矢印

やったね。

プレゼンは大成功。グッド

ところで、どこで買って来たのかこれは何、


食べては見たのですが何か解りません、

ウインナーなの。

何なの。



  
タグ :韓国旅行
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 01:58Comments(4)韓国旅行