› 釣野最中のつりツーリ日記 › フライフィッシング

2018年01月04日

新しいシステム

年末に出掛けた瑞浪市の管理釣り場、試行錯誤して数引きのニジマスを釣り上げたが、どうにも納得がいかなかった。そこで釣って来たニジマスを捌いてみてヒントを見付け出した。

そこでそのヒントから新しいフライシステムを考え出した。

 考え出したのは、新しいリーダーシステム2本、私が導き出した答えが正しければこれで魚が釣れるはずだ。早くこのシステムを試してみたい。

この繰り返しで釣りが辞められなくなっていく。  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 23:56Comments(0)フライフィッシング

2017年12月27日

悩む釣り

瑞浪市の管理釣り場に出掛けて来た。

空からは雪が舞ってくる寒い日、水温も4℃しかなくて魚も動きが悪い。

普段通りにフライフィッシングをしていても魚が釣れる事は無かった。

そこで可動式のマーカーシステムに変更してニンフの釣りを試してみるがこれがまた釣れない。
そこでニンフで釣りをしているフライマンがニジマスを釣り上げた時にこっそりとタナの深さを確認すると、かなり深い所を狙っていたので自分も狙いのタナを深くしたらアタリが出る様になり、待望のニジマスが釣れて来た。どうやら私が釣れなかったのはタナの深さが合っていなかった様だ。
魚が泳ぐタナを見付けた事でアタリが頻繁に出る様になったが、アタリが出ても針に魚がかからない。釣れない理由が解らないまま釣りを続けて終了時間を向かえた。

家への帰り道、車の中でアタリが出ても釣れない理由を考えたが答えは見付からなかった。

家に帰って魚を捌く時にアタリが出ても釣れない理由を見付けた。

釣りの途中でもしかしたらと考えていた理由と同じ答えだった。

後はその答えが正しいのか判断する新しいシステムを考えなければいけない。

次回は新しいシステムを考えてから管理釣り場へ実験に出掛けて来よう。

釣りに出掛けても魚が釣れない。でも釣れない事が答えであり、自分の釣り方が間違っていると言う事だ。
それなら釣れなかった理由を探し出し、新しい釣りを考えれば良いのだ。そしてまた釣りに出掛けて答え合わせをすれば良いのだ。その繰り返しが釣りの楽しみであり、考える事、悩む事も釣りの楽しみなんだ。

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 17:56Comments(0)フライフィッシング

2017年07月15日

赤ちゃんほどのブラウントラウト

こんな魚が釣れました。
赤ちゃんほど小さいけど、ブラウントラウトの様です。
最初は変わったアマゴだと思っていました。


でも、小さいブラウントラウトが釣れると言う事はこの川で再生されて居ると言う事かな?、それとも養殖場が有って逃げ出して来たのだろうか?。

いずれにしても、珍しい魚が釣れると、色々と想像させられますねぇ。
それも楽しいのです。


  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 09:24Comments(0)フライフィッシング

2017年05月11日

朝活でフライフィッシング

朝活利用で早朝に釣りに出掛けている。今回はフライフィッシングを楽しむ事にする。早朝の朝靄の中をフライラインのループが転がって行くのが気持ち良い。
今回は9フィートの3番ロッドに5番のフローティングラインにウエットフライで釣りを楽しんだのですが、タックルのバランスが悪かったのか少し使い辛かった。

釣れたのはカワムツですよ。


  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 06:49Comments(0)フライフィッシング

2017年02月21日

新しいフライシステム

瑞浪の管理つい場に出掛けて来たよ。
新しいフライシステムを持ち込んでみました。
前回よりは凄く良い感じになったんだけど、まだ問題が残っているなぁ。
もう少しシステムを考え直さないとダメだなぁ。
あと、フライパターンも考えないと釣果には繋がらないね。

失敗の連続だけど、失敗して考え、成功しても考え、その繰り返しが新しいシステムの完成に近づいていくよ。

失敗の先にしか成功はないからね。
 
釣りに終わりはないのかなぁ。





  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 12:56Comments(0)フライフィッシング

2017年02月15日

釣りを楽しんできた。

晴れ時々吹雪の中を管理釣り場に出掛けて来た。
最近思い付いたフライのシステムを試しているのです。良い感じに仕上がって来ているのですが、まだまだと言うところです。今回少しだけ進歩はしましたが、魚を釣れば釣るほど問題が見えてくる。失敗の繰り返しでも、失敗の先にしか成功は無いからね。続けていかないと。
 後はシモリ浮きマーカーシステムを進化させる方法を思い付いたのでこちらも試してみたのですが、全くダメでした。今まで通りの釣り方の方が良く釣れました。これじゃ進化でなくて退化だね。
 釣りの楽しみ方は色々有るけど、私の場合は釣りを考える事が楽しいのだよ。

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 05:25Comments(0)フライフィッシング

2017年01月08日

戸神の池管理釣り場

奥三河の管理釣り場戸神の池に友人と二人、竹取りの後に釣りに行って来ました。
ルアーでは全く釣れず、終了時間ギリギリにフライで当たりパターンを見付け連続ヒット、良しこれからと言うところで、不意に管理人さんが現れ、本日の営業時間終了ですよだって。まだ10分ほど時間が余っていたのにマジで!。

管理人さんは忙しそうに池周辺の掃除を始め、帰って下さいモード、友人と二人もう少し愛想良くしてくれても良いじゃんと話ながら帰って来ました。

魚が釣れないのは釣り人の問題だけど、気分を悪くするの誰の問題ですかね。




  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 22:15Comments(0)フライフィッシング

2016年12月25日

毛鉤のマテリアル

釣りの楽しみは魚を釣るだけじゃないよ。釣り道具を作る楽しみも有るんだよ。

今回は100円ショップに出掛けたので毛鉤を巻くマテリアルに使える物が無いか探してみました。
色々と手に取り毛鉤の完成を想像しながら買い物するのも楽しいよ。

今回はこんな毛鉤を作って見ました。

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 07:49Comments(0)フライフィッシング

2016年12月15日

カワムツ釣り

パックロッドをバックに詰め込んで、ドッペルギャンガに乗ってカワムツを釣りに出掛けて来た。
この時期はプールで群れてる魚を見付けてから釣りを始める。それまでは町中をサイクリングだよ。
足助の町を走って、足助川でマーカーを付けたニンフを流してカワムツ釣りを楽しんだ。
小さな魚だけど、釣って見ると楽しいよ。









  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 17:31Comments(0)フライフィッシング

2016年12月12日

ウグイの一本釣り

巴川散歩で見付けた魚の群れ、ニンフを流して、ウグイの一本釣り。
ウグイも釣れると楽しい。

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 08:02Comments(0)フライフィッシング

2016年02月24日

楽しい釣り




楽しい釣り、それは推理小説を読み解くように、謎解きを楽しむ釣りなんです。


年末から続いていた、釣りのモヤモヤ、ついにスッキリしました。

管理釣り場で周りは釣れているのに、俺だけ釣れない、なんでなんで。

新しい釣りのシステムを考えてリベンジに出向いたら、返り討ちに。

それでもめげずに3回目のチャレンジ。

ようやく釣れる様になりました。

さらに新しく考えたシステムで釣り逃がした大きなニジマス、この失敗が謎解きの答えを教えてくれました。

答えは簡単だったのです。
タナが合って無かっただけでした。
タナをしっかり合わせたら、釣れる様になりました。


タナを簡単に説明すると、魚が住む水の中は高層マンションみたいな物、低層階に住む物、中層階に住む物、高層階に住む物、色々な階に住む人が居ます。

10階建てのマンションで説明すれば、私が始めに狙っていたのは、9階10階と2階3階辺り、しかしその階は空き部屋が多くて釣れなかったのでした。
ニジマスが釣れていたのは、1階と5階6階辺り、その辺りに狙いを変えたら、あれあれ釣れる様になりました。

答えは簡単だったのですが、この謎を解くのには凄く苦労し、沢山楽しみました。

釣りのシステムを考え、実際に釣りに行って試し。
その結果、魚が釣れた時は、何故釣れたんだろうと考え。魚が釣れなかった時は、何故釣れなかったんだろうと考え。

その結果から新しいシステムを考え、新しい毛鉤を巻いて試し、その結果から 、釣れる理由、釣れない理由を考え、新しいシステム、毛鉤を考え、それが正しいのか試しに釣りに行く。その繰り返し、それが釣りの楽しみ、苦労が多い分、釣りの楽しみも増えると言う物なんです。

楽しい釣り、それは推理小説でも読む様に謎解きをする事なんです。

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 22:40Comments(0)フライフィッシング

2016年02月03日

変な魚が釣れました。

ナニコレ?

天竜川のC&Rへフライフィッシングに出掛けて来たけど・・・・

ニジマスは釣れずに、こんな魚が釣れました。








なんでやねん。

君のなは?

スレじゃないよ、口にかかってるよ。






今年は変な魚が釣れるなぁ。  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 19:23Comments(3)フライフィッシング

2016年01月15日

リベンジのはずが、返り討ちに

前回の釣行で思う様に釣れなかった瑞浪フィッシングパークへリベンジしに行って来たんだけど。

まさかまさかの返り討ち。

前回以上に釣れなかった。

瑞浪フィッシングパークのニジマス、なめたらあかんね。

本当に手強いよ。

次回は返り討ちにあわない様、しっかりと作戦を考えて釣りに帰って来よう。



  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 12:49Comments(0)フライフィッシング

2016年01月05日

釣り始め

今年も恒例の釣り始めに地元の川へニゴイをフライで狙いに行って来ました。
 
釣り始めは陽射しが川へ差し込みだす時間から。

予想は当たり、川底を動くニゴイの姿が確認できる。

川底へ沈めたフライの位置も何とか確認できる。

フライを動かしニゴイを誘い、ニゴイがフライを補食する瞬間に合わせを入れるが、タイミングが会わずに空振りの連続。

結果は1時間の釣りで釣果は無し。ドキドキの連続だけで終わりました。

この結果から、今年もドキドキするような楽しい釣りが出来そうです。


  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 09:49Comments(0)フライフィッシング

2015年12月13日

謎説きの釣り。

ウェットフライを準備して近くの川に出掛けてきた。
秋の夕暮れは、日没が早い。

小さい魚のアタリはロッドに伝わって来るのだが、針に乗らない。

何故なんだろう?

魚が小さいかな?

諦めずに釣りを続けたら、ようやく魚が釣れました。

釣れたのは、オイカワ、口が小さいから、なかなか釣れなかったんだね。

これで謎は解けた。
すっきりです。

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 12:40Comments(0)フライフィッシング

2015年12月13日

管理釣り場の楽しみ

管理釣り場に出掛けてきた。
低水温の上に限り無くクリアーに近い水、魚を釣る条件は厳しいものだった。

管理釣り場での楽しみは魚を釣る事。
でも、普通に釣り上げても楽しくないよ。
私の場合は周りの人とは違う釣り方で魚を釣ります。

まずはオリジナルのルアーで魚にアプローチ、なかなか釣れませんでした。

次は縦の釣りで魚にアプローチ、これはそこそこ釣れました。

最後はフライで魚にアプローチ、一時は入れ食い状態。
その日の釣り場の状況、時間、等々から推測してフライを選択したから、魚は沢山釣れました。

管理釣り場でも、魚を釣るには推理が必要、推理小説を読む様に魚を追い詰めて行くのが楽しい。


  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 08:26Comments(0)フライフィッシング

2015年08月26日

フライの本

片付けしてます。

大量のフライの雑誌が出て来ました。

さて、どうするかな?

15年分は有りそう。
  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 16:05Comments(0)フライフィッシング

2015年08月15日

リベンジのつもりが

昨年のリベンジのつもりで高原を流れる川に出掛けてきた。
高原の流れは夏の暑さを忘れさせてくらい冷たくて心地よかった。



でも、リベンジは叶わなかった。今回もむずかしい魚にやられました。

流石にこれだけやられると、自分のテクニックでは釣れないんだ思う様になってくる。
本当に難しい川だった。

その後、別の川に入ったら小さいイワナが釣れて、楽しむ事は出来たけど。
満足は出来ない釣りでした。

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 15:49Comments(0)フライフィッシング

2015年07月29日

イライラの流れは冷たくて

高原を流れる綺麗な渓流へ釣りに行って来たよ。

ただ、イライラしたよ。
魚は居るのに釣れないし。
自分の選んだポイントからは魚は出て来ないで、足元の流から大きな魚が逃げて行くし、いったいどうなんてんの?

私のテクニックでは魚が釣れない流れでした。

流れに腰掛けて休んでいたら、冷たい流れが心地よかった。
暑い時は、こんな釣りが良いねぇ。

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 23:00Comments(0)フライフィッシング

2015年07月18日

相手しだいです。

毛鉤を巻いています。
最近は老眼が進んで細かい作業が辛くなって来たから、春先などに使用する小さい毛鉤は巻く機会が減って来たけど、夏の渓流で使用する毛鉤は大きいから巻きやすい。雑に巻いた毛鉤でも釣れるから、丁寧に巻く必要がないから楽だよ。

雑に巻いた毛鉤では釣れない感じがするけど、大丈夫、魚が虫だ餌だと思ってくれれば良いんだよ。ようは人間がどう思うかではなくて、相手(魚)がどう思うかが大切なんだよ。

これが私が巻いた夏用の毛鉤です。




虫に見えるか?。
見えないか?。
それは魚次第(^O^)



人の言葉遣いも似てるね。自分じゃなくて、相手がどう感じたかが重要なんだ。

話す側が、私は怒っていない。

そう言われてもねぇ。

受ける側が怒られてる。そう感じたら、怒られているんだよね。  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 01:02Comments(0)フライフィッシング