› 釣野最中のつりツーリ日記 › フライフィッシング

2019年06月22日

冒険だよ‼️

始めての流れは冒険だよ‼️

車止めから三時間半を釣りあがり、源流カフェのオープンです

釣れたい流れを楽しんだ後は、この先は泳がないと渡れないかな?

この先は夏の楽しみにするかな?

でもなぁ、夏は海に行きたいなぁ‼️







  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 06:36Comments(0)フライフィッシング

2019年06月19日

今日のランチは

ランチして来ました‼️

今日は夕方に予定が入り、1日フルに釣りが出来なかったから、ランチタイムだけ釣りして来た‼️

小さいアマゴがフライで一匹釣れただけ。

釣りの方はパッとしなかったけど、川遊びランチは楽しめたよ

食べたのは尾西の非常食だけどね







  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 15:54Comments(0)フライフィッシング

2019年06月05日

ルアーでフライフィッシング

渓流釣りで狙う魚は、ルアー、フライ、餌釣り、釣り方に関係なく同じ魚だ‼️

そこで、ルアーでもフライフィッシングのドライフライと同じ様に狙えば、魚がルアーに出る瞬間が見えて楽しいはずだ‼️

そんな考えから、管理釣り場で使用する小型のクランクベイトをバスフィッシングのトップウォータープラグを使う様に使ってみたら、あれあれ?釣れたのはカワムツでした‼️
水飛沫を上げて飛び出して来たから、虹鱒かと思ってしまった。


  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 12:18Comments(0)フライフィッシング

2019年05月01日

平成ラスト釣行

平成最後の釣行は、昭和の釣具、リールがダイワ精工のトライアンフ、ロッドがシェークスピアのエクセレント2 No1501。
釣れたのは、ホウライマス40センチオーバー、昭和、平成を通しホウライマス自己記録更新した‼️。

このホウライマスは上流のマス釣り場から逃げ出して、いくつもの困難を乗り越え、いくつもの危険を乗り越え、ここまで育った魚。
1度は逃がす事も考えましたが、この魚の生命力をいただいて、令和を乗り越え様と思います‼️

命いただきます‼️
ありがとう‼️




  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 00:29Comments(0)フライフィッシング

2019年04月27日

シラメ釣り

フライでシラメを狙ってみたが、この日はライズが遠くに出ていて思う様には釣れなかった。

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 16:58Comments(0)フライフィッシング

2019年04月02日

酒の肴に

雑誌フライフィッシャーと新潟の酒蔵がコラボして募集した。酒と釣りの詩で優秀賞で頂いたネットで酒飲んでます。
少し前の話なんだけどね。
酒蔵の名前を忘れちゃったから遊びに行けないよ。

詩に書いたのは子供との釣りの話。
二十歳になったら、寒い朝に釣りへ行った時の話を酒の肴に一緒に飲もうと書いた。
その時の子供は4月1日に新入社員で旅立って言ったよ。
一緒に酒を飲んだ後に。

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 23:42Comments(0)フライフィッシング

2019年02月17日

シモリウキマーカーシステム

シモリウキマーカーシステム、ようやく1つの答えに行き着きました。

三年前、あまりに私のフライでは虹鱒が釣れないので、管理釣り場で許可を得て、虹鱒を持ち帰る事を前提にストマックポンプを使って胃の内容物を確認したら???、何も出て来ない。
そこで持ち帰った虹鱒の胃の内容物を再確認したら、青い藻が大量に出て来た。???。

これは虹鱒が底に転がる餌?、虫を拾い食いしているのか?。

そこで池の底を釣る為のシステムを考えた。

3メートルのショートヘッドシンキングライン、アタリが取りつらく、あまり釣れなかった。

そこで、チューブに糸オモリを巻きテープで保護し、中通しシンキングラインベリーショートを自作してみたが、感度は良くなったが釣果が伸びない。

管理釣り場のルールを確認してルール違反にならない様に、池の底を釣るシステムをブラックバスのテキサスリグから考え出したシンキングシステムを試してみたが、釣れなかった。


シモリウキリーダーシステム、これにはヘラブナ釣り、ブラックバス釣りの知恵が生かされてます。たぶん両方の釣りを体験してなかったら、思い付かないシステムです。

ここまで来るのに3年かかりましたが、ようやく池の底が釣れるシステムに行き着きました。グレーゾーンのシステムですが、一時間で10匹ほど釣る事が出来ました。
やったね
ようやく満足出来る釣りが出来ました。

でも、ここで満足せずに改良して、さらに釣れるシステムを考えよ。

こんな事を繰り返しているから、釣りに終わりは来ないよ。

釣りは楽しい‼️






  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 17:43Comments(0)フライフィッシング

2019年01月23日

フライでニゴイ釣り

オリジナルのフライでニゴイ釣り。

3番ロッドでニゴイと格闘するのは、楽しいファイトが楽しめる‼️

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 11:54Comments(0)フライフィッシング

2019年01月18日

ニジマスを釣りに天竜川C&Rへ

天竜川C&Rへ釣りに行って来た。

喜楽の8番ダブルハンドロッドのキャスト練習の予定でしたが、キャストは上手くならず、ライズが始まり16番のピューパで狙ってみたら、ニジマスが釣れました。

釣りを終わった後は、釣具を車に積み込む時間を利用して、お湯を沸かし、晩御飯とコーヒーをいただきました。
久しぶりの青空カフェオープンです‼️

晩御飯に食べたのは、お湯を注ぐだけの、尾西の非常食です。

これが美味しい‼️





  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 10:48Comments(0)フライフィッシング

2018年12月23日

ニゴイのフライを巻く

今日は雨になりました。
ニゴイを釣るに行く予定でしたが、この冷たい雨に打たれながら、ニゴイを釣るのはネェ、辞めときます。

もう少ししたら雨が上がりそうなので、フライタイイングぐしながら、待ってみますか。






  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 14:18Comments(0)フライフィッシング

2018年12月23日

香嵐渓の散歩

先週の日曜日にフライロッドを片手に持ち、魚を求めて香嵐渓を流れる巴川を歩いて来た。

香嵐渓には、人の波は消え、沢山有ったお店も消え、魚の姿も消えていた。

有ったのは、カップルと家族連れ。昔からの香嵐渓の売店。フライロッドを持った変人が一人でした。

静かになった香嵐渓の散歩も良いかなぁ。













  
  • LINEで送る


2018年12月23日

エッグフライを作った

何年ぶりになるかなぁ?、久しぶりにエッグフライを作った。このフライではイクラに見えないかな?

このフライはフライボックスの中でも三軍以下、ほとんど出番が無くて戦力外だったのに、12月の始め、平谷湖フィッシングスポットスポットに釣行した時、最後の最後に使ったら、これが大当たり、入れ食い、爆釣に。

まさかこれが当たるなんて信じられなかった。

そこで新しく作り直したけど、作り方を忘れてる。丸くならないよ。また始めからやり直しだ。

フライタイイングは料理と同じだと思う。魚の事を考えて、魚が食べたいフライを作り、魚が食べやすい様にしてあげるんだよ。

新しいフライを考えるのも釣りの楽しみです。





  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 00:51Comments(0)フライフィッシング

2018年11月23日

魚は何処に?

久しぶりに近くの川へフライロッドを持って出掛けて来たよ。

でも、夏に遊んでくれた魚達は姿を消し、どこかに隠れて居ました。

魚の写真は無いけど、綺麗な紅葉と写真を撮ったよ。

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 12:49Comments(0)フライフィッシング

2018年11月11日

管理釣場を楽しむ。

平谷湖フィッシングスポットに遊びに行ってきた。
新作のオリジナルロッドを試したが、魚が釣れないからロッドテストは出来なかった。
先ずは自分の腕を磨かないと。
平谷湖フィッシングスポットでは、ルアー、フライ、テンカラを楽しんできたよ







  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 08:39Comments(0)フライフィッシング

2018年10月06日

今年最後の渓流釣り

今年最後の渓流へフライロッドを持って9月の終わりに出掛けて来ました。

今年は思う様に渓流へイワナやアマゴに逢いに行けなかった。
しっかりした計画を立てなかったし、天候に恵まれなかった事も有るけど、来年はもう少し渓流で過ごす時間が欲しいなぁ。

最後の釣りの方は、今年の渓流釣りを表している様で、小さいアマゴが2匹、まあ、最後に小さいけどアマゴに会えた事を良しとして帰って来ました。

つい最近までは、暑い、暑い、熱中症に注意が必要だと言っていた様な気がするけど、渓流はあっと言う間に秋が始まってました。

アケビも大きく開いて美味しそうだったし。山栗も沢山落ちていた。
それよりも渓流を吹き抜ける風が秋を運んで来るから寒いぐらいでした。さすがにウエイダーを履いて釣りをしたよ。

今年最後は、良い魚に会えなかったが、秋風に包まれた渓流が楽しめた。






  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 10:42Comments(0)フライフィッシング

2018年05月04日

久しぶりのイワナ釣り

久しぶりにフライロッドを持って高山方面に遠征してきた。
 当日は午後から雨の予定だったので午前中の半日だけに照準を絞り釣りをして来た。
 小さい支流の流れだけど釣人は多そう。
 釣りを開始して直ぐにパラシュートフライに出たけど、その後が続かない。
 数時間釣り上がると突然ん釣れ始めた。
 浅い流れから突然イワナが沸き上がる様に釣れた。 たぶっん竿抜けにであったんだね。
 餌釣り師が好まない流れだからねぇ、フライマンは少なそうだよ。
 釣りを終わり少しだけ歴史に触れて帰ってきました。
 
 


  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 08:02Comments(0)フライフィッシング

2018年03月21日

春告げの魚

数日前の釣行だけどね。

狙いのシラメと言う魚が釣れました。

小さい魚がなんだけど、私にとって春告げの魚なんです。

シラメと言う魚が釣れて春が来たなぁって感じるんですよ

それもルアーとフライで釣れたから、ダブルで春が来た感じなんです。




  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 13:26Comments(0)フライフィッシング

2018年01月04日

新しいシステム

年末に出掛けた瑞浪市の管理釣り場、試行錯誤して数引きのニジマスを釣り上げたが、どうにも納得がいかなかった。そこで釣って来たニジマスを捌いてみてヒントを見付け出した。

そこでそのヒントから新しいフライシステムを考え出した。

 考え出したのは、新しいリーダーシステム2本、私が導き出した答えが正しければこれで魚が釣れるはずだ。早くこのシステムを試してみたい。

この繰り返しで釣りが辞められなくなっていく。  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 23:56Comments(0)フライフィッシング

2017年12月27日

悩む釣り

瑞浪市の管理釣り場に出掛けて来た。

空からは雪が舞ってくる寒い日、水温も4℃しかなくて魚も動きが悪い。

普段通りにフライフィッシングをしていても魚が釣れる事は無かった。

そこで可動式のマーカーシステムに変更してニンフの釣りを試してみるがこれがまた釣れない。
そこでニンフで釣りをしているフライマンがニジマスを釣り上げた時にこっそりとタナの深さを確認すると、かなり深い所を狙っていたので自分も狙いのタナを深くしたらアタリが出る様になり、待望のニジマスが釣れて来た。どうやら私が釣れなかったのはタナの深さが合っていなかった様だ。
魚が泳ぐタナを見付けた事でアタリが頻繁に出る様になったが、アタリが出ても針に魚がかからない。釣れない理由が解らないまま釣りを続けて終了時間を向かえた。

家への帰り道、車の中でアタリが出ても釣れない理由を考えたが答えは見付からなかった。

家に帰って魚を捌く時にアタリが出ても釣れない理由を見付けた。

釣りの途中でもしかしたらと考えていた理由と同じ答えだった。

後はその答えが正しいのか判断する新しいシステムを考えなければいけない。

次回は新しいシステムを考えてから管理釣り場へ実験に出掛けて来よう。

釣りに出掛けても魚が釣れない。でも釣れない事が答えであり、自分の釣り方が間違っていると言う事だ。
それなら釣れなかった理由を探し出し、新しい釣りを考えれば良いのだ。そしてまた釣りに出掛けて答え合わせをすれば良いのだ。その繰り返しが釣りの楽しみであり、考える事、悩む事も釣りの楽しみなんだ。

  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 17:56Comments(0)フライフィッシング

2017年07月15日

赤ちゃんほどのブラウントラウト

こんな魚が釣れました。
赤ちゃんほど小さいけど、ブラウントラウトの様です。
最初は変わったアマゴだと思っていました。


でも、小さいブラウントラウトが釣れると言う事はこの川で再生されて居ると言う事かな?、それとも養殖場が有って逃げ出して来たのだろうか?。

いずれにしても、珍しい魚が釣れると、色々と想像させられますねぇ。
それも楽しいのです。


  
  • LINEで送る


Posted by 釣野最中 at 09:24Comments(0)フライフィッシング